整形で行われるエラ削りとは

エラ自体を削って小顔を目指す方法

手軽なエラ削り方法、ボトックス注射エラ自体を削って小顔を目指す方法エラ削りのメリット・デメリット

エラ自体を削って小顔を目指すという方法ともあります。
エラ削りは、口内を切開して骨と筋肉組織をは除去することによってエラ張りを解消できる方法です。
エラの整形において角のハリが出ない綺麗な輪郭形成を目指すことで小顔形成を行っていきます。
どんな輪郭を作りたいのかを、医師としっかり打ち合わせして理想的な形を共有することが重要となってきます。
シミュレーションを重ねることなどで、理想を模索していきますがどんな方法であれ医師と自分の理想像を合致させることが大切です。
その上で、口腔内を切開してから骨を切っていく方法以外にも、咬筋切除法やバッカルファット術などを併用する方法、皮膚側を切開してエラを切る方法などを行ってきます。
ほとんどの場合は、傷跡の目立たない口内を切開してエラを切っていくという方法がとられます。
エラ削りの大きなメリットは、ボトックス注射とは異なり一度手術を行えば半永久的に効果が持続するということが挙げられます。
一度手術してしまえば定期的に通院する必要がなく、フェイスラインは変わらずに保つことができるとされています。

整形 エラ削りDr.木村の輪郭整形講座