整形で行われるエラ削りとは

手軽なエラ削り方法、ボトックス注射

手軽なエラ削り方法、ボトックス注射エラ自体を削って小顔を目指す方法エラ削りのメリット・デメリット

下顎角はエラとも呼ばれる部分ですが、横に広がっているとエラが張っているといわれる部分になります。
エラが横に張り出ていると輪郭が広く四角に見えたり、エラが大きいときには横や斜めから見たときにフェイスラインが大きく見えてしまいます。
つまり顔が大きく見えてしまう状態のため、それがコンプレックスになってしまい髪型でごまかしているという人も多いと思われます。
そんなコンプレックスを改善するためには、整形することで改善することができます。
手軽な方法としては、ボトックス注射が挙げられます。
ボトックス注射は下顎角の骨そのものには効果がありませんが、その周りについている筋肉を麻痺させる作用を使うことで筋肉を細くすることで小顔を目指す方法です。
大きな手術をする必要がなく、噛みしめることなどで発達してしまったエラの筋肉を注射で細くすることで顔を小さくするという手軽さから人気になっている手術ですが、効果は3?6ヶ月程度で小顔効果を維持するためには3?6ヶ月ごとに注射を打つ必要があります。
繰り返し打つことで筋肉が細くなり小顔を維持できるようになりますが、顔の肉を支える筋肉がなくなるということでもあるため、たるみやすくなってしまいます。