整形で行われるエラ削りとは

手軽なエラ削り方法、ボトックス注射

手軽なエラ削り方法、ボトックス注射エラ自体を削って小顔を目指す方法エラ削りのメリット・デメリット

下顎角はエラとも呼ばれる部分ですが、横に広がっているとエラが張っているといわれる部分になります。
エラが横に張り出ていると輪郭が広く四角に見えたり、エラが大きいときには横や斜めから見たときにフェイスラインが大きく見えてしまいます。
つまり顔が大きく見えてしまう状態のため、それがコンプレックスになってしまい髪型でごまかしているという人も多いと思われます。
そんなコンプレックスを改善するためには、整形することで改善することができます。
手軽な方法としては、ボトックス注射が挙げられます。
ボトックス注射は下顎角の骨そのものには効果がありませんが、その周りについている筋肉を麻痺させる作用を使うことで筋肉を細くすることで小顔を目指す方法です。
大きな手術をする必要がなく、噛みしめることなどで発達してしまったエラの筋肉を注射で細くすることで顔を小さくするという手軽さから人気になっている手術ですが、効果は3?6ヶ月程度で小顔効果を維持するためには3?6ヶ月ごとに注射を打つ必要があります。
繰り返し打つことで筋肉が細くなり小顔を維持できるようになりますが、顔の肉を支える筋肉がなくなるということでもあるため、たるみやすくなってしまいます。

美容整形でエラ削りを初体験

子供の時からエラが張った骨格に悩んでおり、普段メイクをする際にも大きな顔が目立ちにくいようにシェーディングをするなど対処をしてきました。ただメイクを落としてすっぴんになったり、髪をアップにすると顔の大きさを隠すことはできなくなってしまうので、どうにかならないか考えたところ、美容整形で行われているエラ削りを受けることにたどり着きました。
最初は顔の骨格を切除するという大掛かりな手術に不安を感じており、ボトックス注射を受けるつもりでした。ただ医師の診察を受けて、どのようなフェイスラインになりたいのか伝えたところ、きちんとエラ削りをしたほうがスッキリとした仕上がりになると説明を受けて、治療を受けることに決めました。
注射による治療とは異なり、全身麻酔を受けて手術を行う必要があるので、治療後のダウンタイムの症状を考慮して仕事は有休をとることや、連休に合わせて治療を受ける事になりました。実際に治療を受けた時は麻酔が効いているので痛みもなく、スムーズに施術を完了しましたし、何より自分のコンプレックスが解消されたことが嬉しかったです。
腫れや痛みが引くまでに一週間以上かかりましたが、経過も安定しており綺麗なフェイスラインを手に入れました。